« December 2010 | Main | February 2011 »

RAID解説 その3 RAID-5

今回は前回のRAID-1に続いて、RAID-5を解説したいと思います。
RAID-5の解説をするときには、データを複数のハードディスクに分散してパリティを・・・をという説明の仕方がよくあるのですが、わかりにくいですよね(笑)。
RAID-5は3台以上のハードディスクを使用して構成されますが、この時に実際に使用できる容量は2台分となります。では、残り1台分の容量はどこへ行ったのか?これが壊れた時に対応する予備用のデータ格納に利用されています。この予備用のデータがあるので、3台中1台が壊れても新しいドライブに交換すれば予備データを元に環境が復元されます。こういった理解で問題ないと思います。

ただRAID-5も損傷とは無縁ではありません。RAID-1の時にも出てきましたが、コントローラ系の故障やデータ破損などには対応仕切れていませんので、バックアップは必須と言えます。あと意外な問題としてハードディスクの故障に気が付かない、というのもあります。RAID-5の場合、ハードディスクが損傷を起こしていても動作してしまいますので、気が付くのが遅れる場合があります。この場合、残り2台のドライブのうちの1台が損傷を起こすとデータが消失してしまうことになるため、致命傷となってしまいますので注意が必要です。

NAS、RAIDや内蔵型ハードディスクのトラブルや各種メディアのトラブルは榊野情報技研までお気軽にお問い合わせください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RAID解説 その2 RAID-1

先日のRAID-0に続いて、今回はRAID-1のことを書きたいと思います。

障害性能を無視して高速化に特化しているRAID-0に対して、対障害性能を重視したRAIDモードがRAID-1となります。RAID-1は接続した複数台のHDDに同一データを書き込むことでHDDに故障が発生しても、別のHDDが正常動作している限りデータを保存することが可能となります。

この構成ですとデータを失う可能性は単機に比べて低いのですが、ハードディスクを制御しているPCの制御部分が同一であるなど、落雷による故障やPC自体の故障によりハードディスクに問題を発生させる場合などは無力なことがあり、完全なバックアップとは言い辛いです。

RAID構成HDDにしているPCやサーバ、NASなどのトラブルにも完全自社対応を行っておりますので、データ関連トラブルでお困りの時には榊野情報技研までお気軽にご相談ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

RAID解説 その1 RAID-0

先日のエントリで書いたNASとも関係してくるRAIDについて何度かに分けて書いていこうと思います。

RAIDにはいくつかの種類があります。速度に特化したもの、データ保護性能を高めたものなどがあります。今回はその中でも数字の若いRAID-0から解説したいと思います。

RAID-0はRAIDを構成する複数のハードディスクに1つのデータを分散して書き込む方式となります。1つのデータを複数台に分散するために速度に特化したRAID構成となり、実際にはオーバーヘッド分などがありますから、理論通りには行きませんが搭載するハードディスクの台数分速度が向上していきます。

ただ弱点もあります。1つのデータを複数台のハードディスクに分散して書き込む為に、RAIDを構成するハードディスクが1台でも故障した場合にはデータが消失してしまいます。

このような特性があるために、OSの起動ドライブなどでデータドライブを別にしてデータが消失しても速度が求められる環境に向いている構成と言えます。

弊社ではRAID-0のデータ復旧にも対応しておりますので、RAIDボリュームやNASのトラブルでお困りの時には、ぜひ榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フォーマットされていません と突然の表示

外付けハードディスクやUSBメモリ、MOディスクなどを使おうと接続すると、本来開くことが出来るドライブアイコンをクリックしても「フォーマットされていません フォーマットしますか?」と表示されディスク類を使うことが出来なくなったことはありませんか?

ここで[はい]を選んではフォーマットされていまい、[いいえ]を選んでは使うことが出来ない・・・。思わず[はい]を選んでしまう方もお見えになると思います。

こういった状態になってしまってもデータを回収できる可能性はあります。[はい]を選んでしまった場合でもデータ回収の可能性はあります。

こういった状況でお困りになってしまったときには、榊野情報技研までお気軽にご相談ください!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NASのデータ復旧 その2

NASのデータ復旧で大変なのはハードウェアの構成の問題とソフトウェア構成の2つに大別されます。

ハードウェアに関してはRAID構成と呼ばれる対障害性能を高めるための仕掛けがしてあるモデルも多く、正常に動作していればハードディスクの故障などでも対応することができるのですが、正常に動作しないとトラブルになったりします。

ソフトウェア的・・・というか書き込まれるデータですが、この部分が正常に書かれないなどの問題が発生した場合には機械的には正常に動作していても、データが読み出せないなどの問題に直面します。

弊社では双方のトラブルに対応しており、豊富な実績を誇っております。

テラステーションなどのNASのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NASのデータ復旧

外付けハードディスクとしてメジャーな接続方式だったUSBやIEEE1394接続にかわり、最近ではネットワーク端子を装備し、社内や家庭内のネットワークに直接接続することのできるNASと呼ばれるタイプのハードディスクが普及してきております。

NASはデータを保管することが主な用途のデバイスですが、中味はパソコンといってもいいような構成となっており、ハードディスクを記録媒体として使用するなど、弱点もパソコンと似通っています。

パソコンに近いということは、トラブルの発生率も同程度なのですが、近年の静音化や低消費電力対策として冷却能力などが弱くなっているモデルも多くハードディスクの環境としてはシビアなケースが多いです。

弊社では、過去に様々なメーカーのNASを扱い、データ復旧を行ってきております。マイナーメーカー、メジャーメーカー問わず対応しておりますので、NASにトラブルが発生しましたら、榊野情報技研までお気軽にご相談ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

榊野情報技研は本日より業務を開始致しました。

ハードディスクや各種ディスク、各種メディアのデータ復旧率を向上させる為、本年も技術研究に邁進していく所存です。

データ関連のトラブルでお困りの時は是非、榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »