« August 2017 | Main | October 2017 »

操作ミスによるデータ消去から回復できるのか

ゴミ箱を空にしてしまったり、ネットワークドライブのファイルを削除してしまったり、うっかりバックアップを忘れてフォーマットしてしまったり、と、ケアレスミスによるデータ消失というのもあります。

こういった状況での消去からのデータ復旧は、それまでの使用履歴と消された後、どれぐらいの時間、稼働していたのか。という状況により復旧率が変わってきます。一般的には上書きをされるから復旧できない。というお話が多いですが、弊社の経験では、ある程度の期間を使用されたものでもデータが出てくるケースはあります。

削除や上書き、フォーマットなどでデータを消してしまった場合の復旧のご相談も榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

物理損傷と論理損傷 難易度の違い

前回に物理損傷と論理損傷のことを書かせて頂きました。

よく物理損傷は大変で、論理損傷はそこまででもないのでは?とご質問を頂くのですが、手法に違いはあれど、両方とも工数はかかるものです。

物理損傷の場合には、論理損傷も重なる部分もあることがありますので、その場合には物理損傷と論理損傷の修復という2つの復旧を行うので、その分工数がかかりますが、論理損傷も壊れ方や壊れた場所によっては、物理損傷以上の手間がかかるものもあります。

ハードディスクのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

データ復旧とは

データ復旧というのは、様々な理由から読み出せなくなったデータを回収して、お客様に納めさせて頂く業務になります。

読み出せなく理由は色々とありますが、大まかに分けて機械的(物理的)な故障が原因で読み込めなくなる物理損傷と呼ばれる故障と、論理損傷と言われるデータがなんらかの理由で改変されてしまった為に、読み出しができない場合と大別されます。

物理損傷の場合には機械的な問題を解決し、論理損傷は残った情報からデータを再構成して納品させて頂く形となります。

榊野情報技研では、長年の復旧作業により蓄積されたノウハウを使い、物理損傷から論理損傷まで様々な損傷に対応しております。

データのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

NASやルータなどのネットワーク機器の管理

NASは構造的に小さな汎用コンピュータで、ルータも汎用コンピュータです。汎用コンピュータというのは、OSが違うだけでWindowsやMacなどと同じようなパソコンなのです。

昨今、ネットワークはセキュリティの問題などが発生しがちなことから、こういった機器にも対策が求められます。

もっとも基本的なことはWindowsにおけるWindows updateのような、システムの更新を的確に適用することです。これだけでも安全な運用が可能になります。

パソコンはまめにチェックされていても、こういった機器はそのままのケースもあるために、こういった機器にも目を向けて安全性を高めましょう。

サーバや接続しているハードディスクのトラブルは、榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

サーバのデータトラブル

スマートフォンやデジカメの画素数の向上を含めて、様々なものがデータ化されている今日この頃です。個人でも法人でも管理するデータが増え、その為に管理用のサーバを所有される方も増えています。

榊野情報技研では、linux系やwindows系の様々なサーバから個人がお使いによるようなNASやデスクトップ版のWindowsをサーバ代わりにしているケースを含め、ほぼすべてのシステムに対応しております。

サーバのデータトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

記憶媒体の寿命

パソコンで使われる記憶メディアはハードディスク、フラッシュメモリ(SDやUSBメモリなど)系、光ディスク系(CD-RやDVD-R)などに分類されます。

今回は光ディスクについての富士マイクロ株式会社様のwebサイトが非常に素晴らしいサイトでしたので、リンクにてご紹介しま

http://www.fujimicro.co.jp/enter/product/rec.html

このページにありますように、CD-RやDVD-R、blu-rayディスクなどは温度管理などが大切で、個人様での長期保管は難しい部分があります。ただ日常的に使うというよりはバックアップや配布用である場合が多く、劣化に気がつかないことも多いです。

CD-RやDVD-R、記録型blu-rayなど様々な光ディスクのトラブルがありましたら、ほぼすべての媒体に対応している榊野情報技研まで、お気軽にお問い合わせください。

| | Comments (0)

iOS11が発表されましたね。スマートフォンのデータ復旧

榊野情報技研では、スマートフォンやスマートフォンに入れて使うSDカードのデータ復旧を行っています。

AndroidでもiPhoneでもですが、スマートフォンのOSのメジャーアップデートを行う時にはトラブルを避けるためにもバックアップが必須です。

しかしバックアップというのもは適切に取ることが以外と難しく、必要なデータが漏れてしまうこともあります。

そういったときには榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

パソコンの熱対策

夏の暑さも一段落してきた今日この頃ですが、パソコンや電子機器にとっては、まだ辛い気温が続きます。

パソコンやスマートフォンを安定動作させる為には温度管理がとても大切で、温度によって電子パーツ類の寿命は簡単に2倍になったり、半分になったりします。

当然データを記憶しているハードディスクやsdカードなどのフラッシュメモリも電子機器ですから、温度には非常に敏感で、高温環境が続きとデータとともに壊れてしまうこともしばしばです。

そういったトラブルでデータにアクセスできなくなったときには、榊野情報技研まで、お気軽にお問い合わせください。

| | Comments (0)

パソコンの起動障害

パソコンが起動しないなどのトラブルでご相談を頂く場合、ほとんどのケースでデータ障害を起こしているもので、記憶装置以外の部分のトラブルというのは、とても少ないです。

記憶装置にトラブルがない場合にもパソコンを使えるようにするためには、パソコン(OS)の初期化が必要になり、その場合にデータのバックアップが無ければ事実上の消去作業をして、再セットアップをすることになり、データが消失してしまうことになります。

榊野情報技研では、そういった機器からのデータ復旧も行っておりますので、トラブルが発生してデータが必要な場合には、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

NASにアクセスできないが、設定は正しい場合

NASのトラブルでのネットワーク設定のお話をしましたが、では設定が整っているのにアクセス出来ない場合はどのような場合が考えられるでしょうか。

これはNAS自体のハードウェアのトラブルの可能性が非常に高くなります。この場合、稼働時間が増えるとトラブルが悪化する可能性が高いので、即座に電源を切って頂いて、榊野情報技研まで、ご相談をください。

| | Comments (0)

NASにアクセスできない場合

データ共有に便利なストレージサーバのNASですが、パソコンに直結している外付けハードディスクでは無いために損傷以外にもトラブルの種はあります。

例えば電源が抜けていて、それに気がつかない。という簡単なミスから、ネットワークの設定に異常が発生して、アクセスできなくなったり、共有に関する設定が適切になされていないなと、ハードウェアトラブル以外にも、様々なトラブルが考えられます。

NASにアクセスできない。故障の画面が出た。などのトラブルがありましたら、榊野情報技研まで、お気軽にお問い合わせください。

| | Comments (0)

異なるOSやバージョン間でのデータ移動の問題

異なるOS間でのデータ移動に関してのお話を前回、書きましたが、ではどのような運用が安全性が高いか、というお話になりますが、これに関しては確実な方法というのはないのですが、最も互換性を持った時期が古いフォーマット、Windowsの場合にはFAT12を使う方法が比較的安全かな、と考えます。最新鋭のフォーマットを使う方法もありますが、相手方OSが非対応の場合もありますので、難しいところです。

データフォーマットでの障害やファイル単位のデータ復旧のご相談も榊野情報技研まで、お気軽にお問い合わせください。

| | Comments (0)

異なるOS間でのUSBハードディスクのトラブル

WindowsとMacなど、異なるOS間のデータ移動にUSB接続のハードディスクを使用するとトラブルが起こることがあります。

これは共通のフォーマットを使用してはいるのですが、細かい部分や制御部分で差異があり、それが原因で読み込みが出来なくなったりしてしまうのです。

こういった症状になったハードディスクは即、電源を落として頂いて、専門の榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

USBメモリのデータトラブル

USBメモリは取り外しや持ち運びが容易で、物理的なトラブルに巻き込まれることが多いのですが、他にもデータ破損のリスクはあります。

WindowsとMac OSのような別のOSでも共通フォーマットを使用していることもあり、両方のOSで使えるのですが、その時に細かな実装の差異などで希にフォーマットに異常を来すこともありますし、同じOSでもバージョンが違うと、これも希ですが、トラブルが起こることもあります。

こういったトラブルも榊野情報技研は対応しております。

USBメモリが開かないなどのトラブルは榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

CD-RやDVD-Rが読み込めなくなる

CD-RやDVD-Rは入手性が良く、安価な為に活用されることの多いメディアですが、弱点がそれなりにあり、注意が必要です。

まず光が苦手です。光の影響でデータに問題がでることがあり、一般的に言われる太陽光だけでなく通常の光も極力さけた方がいいでしょう。

あとは重力によるディスクの変形や、多湿環境に置かれていたものだと、貼り合わせの劣化やカビの発生などもあります。

榊野情報技研では、そういったトラブルに対応しており、そうしたメディアのデータ復旧をしております。

CD-RやDVD-Rのデータが読めなくなって、お困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

黒画面に英文が表示されてパソコンが起動しない

パソコンが不調になると、電源を入れても黒画面にoperation system not foundなどと表示されて起動しないことがあります。

このトラブルはハードディスクやSSDなどの記憶装置に障害が発生してwindowsなどのOSが読み込めない場合に表示されるエラーとなりまして、軽度な場合からご自身のデータが破損しているケースまで考えられます。

このような状況になってしまいましたら、メールやお電話などで、榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

フロッピーディスクやMOなどの古いメディアの変換やデータ復旧

榊野情報技研では、MOやフロッピーディスク、ケース付きDVD-RAMなどの現在では主流でなくなってしまったメディアのデータ変換やデータ復旧を行うために各種機材や環境をキープしており、古いデータが必要になったお客様のリクエストに応えています。

フロッピーディスクやMO、スマートメディア、DVD-RAM、コンパクトフラッシュなどの変換、データ復旧にお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にお問い合わせください。

| | Comments (0)

サーバのバックアップ環境

Windows環境にしろLinux環境にしろ、OSに依存しない形で必要な物はバックアップとなります。サーバなどの貴重なデータが格納されているシステムのバックアップは複数用意する、というとバックアップ機器をサーバとは別の電源系統から取るのがおすすめです。

電源系をなぜ分けるかというと、落雷などの過電流や電源系が消費電力などの影響でブレが出た場合にも、サーバと別系統だと影響を受けないためです。

サーバのバックアップシステムなどの構築でご不安などありましたら、榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

USBメモリのデータ復旧

データの保管や移動に日常的に使われているUSBメモリですが、気軽に扱える反面、トラブルに遭遇する確率も非常に高いです。

フォーマットが壊れたり、認識をしなくなってしまったり、物理的なトラブルに遭遇したり。と出会ってしまうトラブルは多岐にわたります。

榊野情報技研では、そういった様々な虎フルに遭遇したUSBメモリからデータの復旧を行っております。

データ復旧でお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

サーバのデータ復旧

家庭用であれ、業務用であれサーバのトラブルが起こると大変です。様々な処理ができなくなったり、貴重なデータへのアクセスができなくなったりと失う物や時間が大量に発生します。

榊野情報技研では、NASやWindow系以外にも様々なサーバOSのデータ復旧に対応しており、個人様から法人様までの幅広いお客様に対応しております。

サーバやPC、スマートフォンなどのデータ消失でお困りの時には榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

« August 2017 | Main | October 2017 »