« September 2017 | Main

SDカード (microSDカード)のデータ復旧

デジカメやスマートフォンの補助記憶装置として主流のSDカードですが、その商品の性質上、トラブルに気がつきにくいデバイスで気がついた時には破損していることが多々あります。

SDカードはデジカメやスマートフォンに入れっぱなしで使うことが多く、データの多くも読み出しというよりは、書き込みが多く、その段階でエラーがでれば破損に気がつきますが、エラーが出なければ、書き込まれずにそのまま終了してしまい、読み出しの時にデータが無い・・・ということもあり得ます。

榊野情報技研では、記録されていないデータに関しては保存自体がされていないので、難しいですが、他に残存しているデータは全力で回収致しますので、SDカードのトラブルでお困りの時には、榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

データ復旧に時間のかかる理由

データ復旧の作業を行うときは、ハードディスクやメモリメディアなどに様々な方法を使いアクセスを回復するところから始まります。アクセスが回復すると、そこからメディア内のすべてのデータを確認するという作業を続けることになります。

これが時間がかかる理由で、プロが行った方がいい理由でもあります。時間がかかるということはデバイスに負荷がかかることを意味し、ただでさえ故障により製品に負荷がかかっているところを更に負荷をかけることになるために、注意が必要となるのです。

榊野情報技研では、処理高速化のための努力を続けており、お客様に納得して頂ける納期を目指しています。

ハードディスクやUSBメモリ、SDメモリのトラブルなどでデータ復旧が必要な場合には榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

CD-RやDVD-Rのトラブル

入手性が高く、使い勝手も良いCD-RやDVD-Rはデータを保存する素材として便利な物です。

こういった書き込み型光ディスクはプレスされたCDやDVDと同じように傷が付きますし、光や熱変化にもプレスメディアより弱いこともあり注意が必要です。

CD-RやDVD-Rが読み込めないということで、研磨のご相談を頂く場合が多いですが、見た目で傷が無い場合には研磨をしてもデータが読み込めるようになることは無いので、データ復旧のご相談をお勧めします。

CD-RやDVD-R、Blu-rayドライブのデータトラブルは榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

SDカードのトラブル

スマホの補助記憶装置やデジカメの記憶装置として活用されているSDカードですが、トラブルとは無縁ではありません。インターフェイスの形状が違うだけで内部はフラッシュメモリで構成させていますので、寿命的特性や静電気に弱い、温度変化も気をつけるべきといった注意点も同じです。

修復するのも同じような手順となりますので、USBメモリやスマートフォンのデータ復旧を行っている榊野情報技研の取り扱いメディアとなります。

SDカードのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

CD/DVDの傷で研磨のできないもの

CD/DVDの傷を取る研磨作業を行っても、取れない傷というものがいくつかあります。

まず細い棒のような圧力が集中するもので押されたもの。これは周りの変形も相まって研磨での対応が難しい傷になります。

次に、あまりにも深く表面のラベル面に達しているようなもの。及びラベル面の傷。これは実際のデータは表面のラベル面の裏側にあり、ラベル面がダメージを受けるとデータが損傷を受けるためです。

あと溶剤のようなもので深く溶解してしまったものも難しいケースが多いです。

CDやDVDのような光ディスクの傷に対する対処は榊野情報技研まで、お気軽にお問い合わせください。

| | Comments (0)

CDやDVDの研磨

CDやDVDはレーザーで表面の微細なビット情報を読み込んで、データとして再生します。ここで読み込み面に傷があると、読み込みエラーが発生して、音飛びやブロックノイズとなってしまいます。

榊野情報技研では、業務用研磨機を導入して、この傷を取り去る業務を行っております。

CD/DVDなどの傷でお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

スマホやパソコン、サーバを修理に出す前に

スマホやパソコン類がトラブルを起こしてメーカー修理に出されることがあると思います。

こういった場合にハードディスクやフラッシュメモリなどの記憶装置にトラブルは無くても、元々入っていたデータを初期化してしまうことがほとんどです。

ただ故障を起こしていると、お客様のお手元でバックアップを取るのは難しい場合が多いと思います。

榊野情報技研では、データ復旧のみではなくデータコピーの作業も行っております。データ復旧の技術を元としておりますので、見落としがちなデータなどもバックアップすることができます。

修理に出すけど、データを初期化されるとかデータの保存は約束できないと言われた場合も含め、メーカー様に修理に出す前に榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

Windows PCがハードディスクやUSBメモリの異常を感知すると

Windows PCがハードディスクやUSBメモリの異常を感知すると、起動途中に単色背景の英文が表示されて数字のカウントが進んでいるような画面になることがあります。これはシステムがハードディスクやssdの異常を探知して自動復旧を行おうとしているのですが、損傷がひどい場合にはシステムを壊さないために、ファイルを生成してシステムが起動できるように保護するシステムが作動したいします。ちなみにUSBメモリのような外部デバイスですと、日本語で[異常を解消しますか?]のような文言が表示されます。

どちらの場合にせよ、このシステムが作動するとファイル消失の危険性が発生します。

この表示をみて、キャンセルの方法が分かればキャンセルして頂き、システムの電源を切る。USBメモリのようなデバイスの場合には即座に取り外して頂いて、榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

様々なデータ調査

榊野情報技研では、データ復旧の技術を用いたデータ調査業務も行っております。

例えばパソコンやスマートフォンの検索履歴やファイルやアプリ(ソフトウェア)の操作、使用履歴、起動時間やシャットダウン時間などの調査も行えます。

様々な調査が必要になりましたら、榊野情報技研までお問い合わせください。

| | Comments (0)

NASのデータ復旧

パソコン本体に続いて、ご相談の多いNASですが、よく質問を受けるのが、XXメーカー製のNASですが、復旧できますか?というご相談です。

NASは小型パソコンのような性質がありますので、PCのようなハードウェアに各社がOSを搭載、その上に各種ソフトウェアを構成しています。

榊野情報技研では、そういったOSに関してもノウハウを持っており、基本的にはほとんどのNASメーカーの規格に対応しております。

NASのトラブルが起こりましたら、榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

« September 2017 | Main