« November 2017 | Main | January 2018 »

本年もありがとうございます

本年も多数のお問い合わせやご利用を頂き、ありがとうございました。

12/29が本年最後の営業日となりまして、新年は1/5からの営業となります。

2018年も更に技術力を向上し、復旧率のアップと解析速度の向上に努めて参ります。2018年もよろしくお願い致します。

| | Comments (0)

突然ファイルが開かなくなる

ハードディスクやSSDが壊れなくても、うっかり削除+ゴミ箱を空に・・・やシステムの不調でファイルが消去されてしまったり、ファイルが壊れてしまうことがあります。壊れてしまった場合には一覧にファイルは表示されているのですが、対応アプリケーションで開けようとすると開かない。という状況になります。

こういった状況でも諦めずに榊野情報技研まで、ご相談ください。データ復旧の技術を元にファイルを可能な限り修復致します。

| | Comments (0)

NASのバックアップ

NASは日々動作状況を監視している訳では無く、RAID構成に至っては1ドライブのトラブルでは、そのまま動作してしまうのでディスクアレイの状態が致命的なことになるまでトラブルに気がつかないことがほとんどです。その状態でもデータ復旧であればデータの回収する可能性はありますが、データ復旧作業時間中の業務中断はロスとして発生してしまいます。

そのロスを避けるためにもバックアップが必要となってきますが、適切なバックアップは方針や予算、担当の方の専門などによっても適切なバックアップ手段は変わってきます。

榊野情報技研では、データ復旧が専門ですがバックアップにも積極的に取り組んでおります。既存の設備に組み込むことも可能ですので、バックアップでお困りの時にも榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

外付けハードディスクのトラブル

ここのところ外付けハードディスクのご相談をよくお受けしております。温度変化や静電気など様々な問題でのトラブルですが、経年劣化というのも見過ごせません。

ハードディスクは可動部分がある機械なので、どうしても耐用年数というものがありますし、一定期間以降に動いているモデルはラッキーなものという認識の方が安全です。

外付けハードディスクの様々なトラブルからデータを救出しています。外付けハードディスクのトラブルは榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

USBメモリが見えなくなった

折れた、割れたなどの物理障害の話をよく書くのですが、USBメモリのトラブルの大半は見た目の物理的な機能にはまったく問題がなく、内部が損傷する場合がほとんどです。静電気による破壊なども見た目には何の変化もなく、ある日突然パソコンなどに指しても、うんともすんとも言わない。という状態となります。

榊野情報技研では、そういったUSBメモリのトラブルにも対応しており、データが破壊されているものなどの復旧も数多く行っております。

USBメモリのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

NASのトラブル時の対応

NASがトラブルを起こした場合、ハードディスクが1台だけのシングル構成のドライブの場合には外付けハードディスクと同じような形状なので、ハードディスクを抜き出すということはあまりされないのですが、RAID構成が行える複数台のハードディスクを搭載したモデルを使っていると、ハードディスクがコンテナに格納されているものも多く、取り出してパソコンにつなげることをされる方が希におみえになります。

こういったトラブルを起こしているハードディスクをさらに違う環境でアクセスを試みると、さらに負荷がかかり損傷が悪化する恐れがありますので、NASにトラブルが発生しましたら、榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

NASのトラブル

簡単便利で設置も楽なことから普及しているNASですが、サーバというシステム上の機能は法人様などで使われているunix系サーバやWindowsサーバと違いはありません。

一般的なモデルだと形状が外付けハードディスクと似ているために、置きやすい場所に設置してそのまま運用ということが大半かと思います。

上にも書きましたがサーバはサーバですので、それなりの発熱もありますし、トラブルも発生します。しかも日常的にデータにアクセスをしていないとトラブルが起こったことにも気がつかず、トラブルが発生しても通電し続けるために、トラブルが深刻なことになりがちです。

NASのトラブルに気がつきましたら、とにかくシャットダウン動作もしくはコンセントを抜いていただいて、榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

USBメモリのトラブル

この季節はどうしてもUSBデバイスのトラブルが増えてきます。原因としては静電気関係が多いです。寒さには半導体メモリなので、駆動部分が無いためにそこまで心配する必要はありません。

運用上の注意としては静電気対策と物理的なトラブル(折ってしまう)に気をつけましょう

USBメモリのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

RAIDはバックアップになり得るのか?

サーバやNASのご相談をお受けするとRAID(複数のハードディスクを束ねて対障害性能や速度を向上させる仕組み)構成にするとバックアップは必要なのか?ということをご質問されるのですが、結論から言うとバックアップシステムは必要です。

RAIDはシステムを止めないための仕組みと理解していただいた方が良く、実際にトラブルが発生した場合にはシングル構成のハードディスクからデータを復旧するよりも難しく高度な技術が必要となります。その為に別ドライブへのバックアップは必須と言えます。

NASや各種RAIDのデータトラブルは榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

フロッピーディスクの扱い

年賀状の季節になると、住所録を記録したフロッピーディスクのトラブルに関してのご相談が増えてきます。他のメディアに移行することが多い写真などのデータと比べて年賀状の住所録などはフロッピーやUSBメモリなどで管理されている方もまだまだ多いようです。

フロッピーに関しては機器更新を行うと入手が難しくデータが埋もれてしまうことも多いのですが、榊野情報技研では復旧や変換の作業を行っております。

フロッピーディスク関係でお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

外付けハードディスクのトラブル

昨日書いた静電気の話もあるのですが、この季節はやはり外付けハードディスクのご相談が増える傾向にあります。低温環境や持ち運びによる過度な温度変化、静電気、結露などリスクがたくさんあります。

こういった損傷は物理損傷につながることも多くなります。

榊野情報技研では物理損傷のデータ復旧にも対応しておりますので、ハードディスクのあらゆるトラブルをご相談頂くことが可能です。

ハードディスクのトラブルのご相談は榊野情報技研までお寄せください。

| | Comments (0)

この季節のデバイス保護に大切なこと

ハードディスクやUSBメモリ、SDカードなどを、この冬期に安全に使うためには、以前も書いた温度管理も大切なのですが、特に持ち運び可能なデバイスの場合には静電気が要注意です。乾燥する季節はどうしても静電気の発生が増えてしまいます。

静電気は電子デバイス全般が苦手なもので、対策のされていない場所やデバイスが直撃されると故障してしまうことがほとんどです。

榊野情報技研では、こういった静電気で故障したデバイスのデータ復旧も行っておりますので、お困りの時にはお気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

MOやDVD-RAMのようなレガシーになってしまったメディア

以前は法人や行政を中心として活用されていたMOやDVD-RAMですが、一般的には主流とはなっていないため、メディアやドライブの入手性が悪くなっています。

榊野情報技研では、こういった古いメディアのデータ復旧やデータ変換も積極的に行っており、古いデータを救済しております。

こういった古いメディアの対応でお困りでしたら、榊野情報技研までお気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

マイニング用PCなどの特定用途PC

今年はビットコインが激しい値動きをするなど仮想通貨が注目を集めましたが、投資だけでは無くマイニングというコインを生成することが他の投資とは一線を画しています。

マイニングはパソコンや専用のASICユニットなどを使いますが、規模が大きくなりがちでそれなりのノウハウが必要となります。

榊野情報技研では、マイニング用の様々なシステム構築なども行っております。

様々な特定用途に対応したシステムの構築が可能ですので、量販店などで販売している一般的なシステムでは難しそうなことは、榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

DVDやCDに傷が付いてしまった

DVDやCDに傷が付くと音飛びやブロックノイズの発生、さらには再生不能になることもあります。この対策としてネットなどには、様々な解決法が書き込まれていますが、基本的には研磨機を使わないと再度再生することは難しいです。あえてネットに書き込まれている方法は書きませんが、基本的に症状を悪化させていることがほとんどです。

榊野情報技研では、業務用研磨機を用いて、[傷]を除去しますので、再生可能性は高まります。

CDやDVDの傷でお困りでしたら、榊野情報技研に研磨をお申し込みください。

| | Comments (0)

DVDに保存した写真が見えない

年末年始が近づいてきました。帰省などでお子様のお写真などを、ご実家に持参される方も多いと思います。その時に実家用のDVD-Rを作るために保存しているDVDからデータを移そうとすると、開くことが出来ない・・・。よくあるトラブルです。

しかし、こういった開くことが出来ないディスクでもデータが残存している可能性がありますので、データを開くことができない場合には榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

NASやサーバのトラブル

NASやサーバはご自宅でも会社でも縁の下の力持ちといった役割で、意外とリプレースされずに使い続けられてしまうことがあります。日頃使うパソコンは早い遅いやソフトウェアの追加などで経過時間を感じやすいのですが、目に触れない、あまり触らない機械というのはどうしても後回しになってしまうものです。

時間が経過すると故障率が跳ね上がりますので、それで故障ということが起こってきます。

榊野情報技研では、そういった経年劣化で損傷してしまったハードディスクからデータの回収を行っております。

NASやサーバのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

フロッピーディスクのデータ復旧

日刊SPA!様のサイトのフロッピーディスクの記事が掲載されていました

https://nikkan-spa.jp/1434776

データ復旧の業務をやっているとフロッピーディスクなどのレガシーメディアの稼働率の高さに驚きます。90年代初頭にはほぼ新型機のリリースが無くなった5インチフロッピーディスクに関するご相談なども弊社に寄せられます。

弊社のように古いメディアの対応を行っている会社もありますので、古いメディアだからといって諦めず、変換や復旧に関して旧メディアに関しても、お気軽に榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

低温環境でなぜハードディスクの異常が発生するのか

低温環境でなぜハードディスクの異常が発生するのか

基本的に電子機器は温度が低いと高速に動作する物が大半なのですが、電源ユニットや冷却ファン、ハードディスクなど回転する部品がついているものは、可動部分が温度変化に敏感で、0度を超えると低温で停止していると再起動時に問題が出ることがあります。

これを避けるためには機材が温まった後で起動を行うと安全に起動することが出来ます。

ハードディスクなどのデータ系トラブルは榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

データの調査

榊野情報技研では、データ復旧の技術を用いて、様々なデータ調査を行っております。

PCの使用履歴やネットの接続履歴、アプリケーションの稼働状況など、お客様のリクエストにより様々な調査を行っております。

パソコンやサーバ、スマートフォンなどのデータ調査が必要になりましたら、榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

外付けハードディスクが読み込めない

外付けハードディスクはパソコンのオプションの中でも利用するために、ご用意される方が多いデバイスです。

本体のバックアップや本体の容量が足りない場合の外部メディアとして大容量低価格、使い方が簡単とすべての需要を満たしています。

ただ外付けという性質上、物理的なダメージを受けることも多く、温度変化などのダメージを受けることも多いです。

榊野情報技研では、そういった様々なトラブルに見舞われたハードディスクからデータを回収する復旧作業を行っております。

様々なハードディスクのトラブルは榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

« November 2017 | Main | January 2018 »