« ハードディスクに対する不正な攻撃 | Main | USBメモリのトラブル要因 »

RAID-0やRAID-5の破損

アクセスを高速化させたり、大容量をシングルドライブで扱いたい。故障に備えたいなどの理由で複数台の記憶装置を束ねたRAIDシステムを利用することは企業のみならず家庭などでも増えてきています。

例えばRAID-1であったり、RAID-5の1台だけなど破損が想定されている環境下で想定内の破損であればデータがリビルドされて、損失なども最低限に抑えることができますが、RAID-0での破損やRAID-5で2台の故障などはリビルドの方法はなくデータ復旧を行う必要があります。しかもこういったRAIDシステムの破損は技術的難易度も高く、修復も時間がかかるケースが多いです。

こういったケースのデータ復旧も榊野情報技研は行っておりますので、お困りの時にはお気軽にご相談ください。

|

« ハードディスクに対する不正な攻撃 | Main | USBメモリのトラブル要因 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハードディスクに対する不正な攻撃 | Main | USBメモリのトラブル要因 »