« October 2018 | Main

外付けハードディスクのデータ復旧

最近ではテレビやレコーダーなどの保存媒体としても活用されている外付けハードディスクですが、メインの用途はパソコンのバックアップやデータの外部記憶メディアでの活用だと思います。

外部記憶メディアとしてハードディスクを使用していると常時取り付けた状態での稼働というよりは、使うときのみ接続のような形態も多く、通電されずに放置されることもあります。こういったハードディスクを久々に使おうとすると認識しないなどのトラブルが起こっていることも多々あります。

こういった症状にあってしまったら、即座に電源を切り榊野情報技研までご相談下さい。

通電時間が長いとトラブルが悪化するケースが多いです。

| | Comments (0)

SDカードのデータ復旧

パソコンやスマートフォン、デジカメなどで活用されるUSBメモリと並ぶメモリメディアの代表格たるSDカードですが、持ち運び可能なことや、様々な機器で使えるということで、トラブルに会いやすいメディアと言えます。

精密機器はすべてにそうですが、見た目で故障が分からないだけに、厄介でデータ的にも物理的にも故障の可能性があります。電気的記録が特徴ですので、静電気や極端な高温や低温が苦手です。

榊野情報技研では、様々なタイプのSDカードのトラブルに対応しており、データ的な故障から物理的トラブルまで、何でもご相談ください。

| | Comments (0)

専用電子機器の調査

データ復旧の技術を使った各種調査作業も行っております。

パソコンをはじめとして現代はデータを記録する機器で溢れています。パソコンやデジカメのみならず監視カメラなども、データとして映像を記録しており、そういったデータも需要なものです。ドライブレコーダーやボイスレコーダ、監視カメラなどのデータが削除されてしまっていた。確認しようとしたら消えてしまっていた。などのデータトラブルも、お気軽に榊野情報技研までお問い合わせください。

| | Comments (0)

CD-RやDVD-Rが読み込めない

CD-RやDVD-Rは光(レーザー)によってメディアを変化させ記録する方式となっています。ハードディスクやフロッピーは磁気による記録、USBメモリなどは電気による記録となっています。

CD-RやDVD-Rはレーザーとはいえ光ですので、光で記録するという特性上、どうしても周辺環境の影響を受けやすく、データエラーなどを起こしやすいです。

そういったエラーが出たディスクも復旧出来る可能性がありますので、お困りの時には榊野情報技研までお気軽にご相談下さい。

| | Comments (0)

CD-RやDVD-Rのデータ復旧

家族写真や動画データなどの保管に使われているCD-RやDVD-Rですが、実はそんなに保存性が高い訳ではありません。適切に保管、管理すれば長期間の保存も出来なくないですが、個人や普通の企業などでは難しいのが現状ですし、メディアの程度も生産時期やメーカーなどにより千差万別で判断するのも難しいところがあり、さらに書き込みを行うドライブの性能にも影響されます。

榊野情報技研では、経年劣化や読み込み不良などで読み込めなくなってしまったCD-RやDVD-Rの復旧作業を行っており、業務用研磨機も保有しているために、表面のキズが原因であった場合などの複合的な対処も可能です。

CD-RやDVD-Rの読み込みが出来なくてお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

| | Comments (0)

NASのバックアップ方法

NASのデータ復旧を行ってデータをお渡しする時に、今後の方針としてのバックアップ方法を聞かれることが多いです。

NASのバックアップを行う場合には、同等の機器を用意してホットスワップ可能なミラーリングするのが推奨されることもありますが、家庭や中小企業向けシステムでしたら、単独の外付けハードディスクを外付けで実装するのが、コスト的にも運用的にも意外と簡単です。

どのような方式にもメリット、デメリットはありますが、バックアップということに関すると機器由来の同時トラブルを避けたり、バックアップ用の外付けハードディスクの電源系を別コンセントから取るなどの別系統化もしやすいです。現在のハードディスクドライブは大容量化が進んでいますので、1台でも結構な容量がまかなえます。この外付けのデータを元にして新型機に即座にリプレイスという方法もなります。

NASのデータ復旧、バックアップのご相談など榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

古い規格の機器からのデータ復旧や変換

パソコンなどの電子デバイスは時間とともに技術が進歩し、記憶媒体であったり、接続インターフェイスなどが高度化してきました。記憶密度の向上は現在も進んでおり、扱えるデータ量はどんどん増えています。

しかし新しいデバイスに、必ずしも下位互換性があるわけでもなく、技術革新により過去に作成されたデータにアクセスするのが難しくもなっています。しかも時間を経た機器は故障のリスクも抱えています。

榊野情報技研ではそういった古い規格にも幅広く対応し、データ変換やデータ復旧作業を行っております。

データの取り出しや故障などでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

サーバのデータ復旧

同時に接続する台数が少ない事務所やご自宅では、普通のデスクトップパソコンやノートパソコンをファイルサーバなどの各種サーバ代わりに運用されているところも多いと思います。

こういった普通のPCでのサーバ運用はコストも低くOSも通常のWindowsやMacosが使えるなどメリットも多いのですが、サーバではないために機材の冷却が弱かったり、部材の耐久性が低かったりします。しかし動作としてはサーバの動作を行いますので、データ復旧にはサーバのノウハウが必要となります。

こういったPCのデータトラブルは各種サーバのデータ復旧実績が多数ある榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

USBメモリにアクセスできなくなった

折れた、割れたなどの物理障害は見た目にも分かりやすい障害なのですが、USBメモリのトラブルの大半は見た目の物理的な機能にはまったく問題がなく、内部が損傷している場合がほとんどです。経年劣化やメモリセルの書き換え可能回数オーバー、静電気による破壊なども見た目には何の変化もなく、ある日パソコンなどに指したら、ドライブも見えなければフォルダも開かないという状態となります。

榊野情報技研では、そういったUSBメモリのトラブルにも対応しており、データが破壊されているものなどの復旧も数多く行っております。

USBメモリのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

データ復旧に対応しているRAIDレベル

現在は取り扱うデータ量が大容量化しているため、サーバ以外でも活用されているRAIDと呼ばれる複数のハードディスク束ねて使用してデータを保管する方法があります。

代表的なもので、速度を向上させるRAID-0、同じデータを2台のハードディスクに書き込んでデータの保存性を高めるRAID-1、3台のハードディスクに分散してデータを書き込み、トラブルが起こってもシステムを停止させないようにしているRAID-5があります。他にも、4台構成の6や10などもあります。

榊野情報技研では、こういった様々なRAIDシステムに対応しており、トラブルに対応に当たっています。

サーバなどに搭載されているRAIDシステムに異常が発生した場合、即座に電源を止めて頂いて榊野情報技研までお気軽にご相談下さい。

| | Comments (0)

« October 2018 | Main