« ハードディスクやSSDの経年劣化 | Main | USBメモリにアクセスできなくなった »

データ復旧に対応しているRAIDレベル

現在は取り扱うデータ量が大容量化しているため、サーバ以外でも活用されているRAIDと呼ばれる複数のハードディスク束ねて使用してデータを保管する方法があります。

代表的なもので、速度を向上させるRAID-0、同じデータを2台のハードディスクに書き込んでデータの保存性を高めるRAID-1、3台のハードディスクに分散してデータを書き込み、トラブルが起こってもシステムを停止させないようにしているRAID-5があります。他にも、4台構成の6や10などもあります。

榊野情報技研では、こういった様々なRAIDシステムに対応しており、トラブルに対応に当たっています。

サーバなどに搭載されているRAIDシステムに異常が発生した場合、即座に電源を止めて頂いて榊野情報技研までお気軽にご相談下さい。

|

« ハードディスクやSSDの経年劣化 | Main | USBメモリにアクセスできなくなった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハードディスクやSSDの経年劣化 | Main | USBメモリにアクセスできなくなった »