« August 2019 | Main | October 2019 »

物理損傷と論理損傷 難易度の違い

前回に物理損傷と論理損傷のことを書かせて頂きました。

よく物理損傷は大変で、論理損傷はそこまででもないのでは?とご質問を頂くのですが、手法に違いはあれど、両方とも工数はかかるものです。

物理損傷の場合には、論理損傷も重なる部分もあることがあります。その場合には物理損傷と論理損傷の修復という2つの復旧を行うので、その分、工数がかかりますが論理損傷も壊れ方や壊れた場所によっては物理損傷以上の手間がかかるものもあります。

ハードディスクのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

データ復旧とは

データ復旧というのは、様々な理由から読み出せなくなったデータを回収して、お客様に納めさせて頂く業務になります。

読み出せなく理由は色々とありますが、大まかに分けて機械的(物理的)な故障が原因で読み込めなくなる物理損傷と呼ばれる故障と、論理損傷と言われるデータがなんらかの理由で改変されてしまった為に、読み出しができない場合と大別されます。

物理損傷の場合には機械的な問題を解決し、論理損傷は残った情報からデータを再構成して納品させて頂く形となります。

榊野情報技研では、長年の復旧作業により蓄積されたノウハウを使い、物理損傷から論理損傷まで様々な損傷に対応しております。

データのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

記憶機器の不調

パソコンに接続されている外付けハードディスクやスマートフォンに追加しているSDカードなどが不調になると本体の挙動に影響が出ることがあります。

動作が遅くなったり、不意のシャットダウンなどが代表例で、これらの機器を取り外したり交換したりすると動作が改善したりします。

こういう場合には障害が起こっているメディアに保存しているデータは異常を起こしていることが多く、読み出せない場合もあります。

こういったデータが読み出せない場合には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

NASのデータ復旧

法人でも個人でも、手軽なデータ保存システムとしてNASを導入することが多々あります。

NASの性質上、関係者のあらゆるデータが保存されるので、トラブルが発生すると大変なことになります。

榊野情報技研では、様々なメーカーのNASの障害に対応しており障害内容も物理損傷から論理損傷まで対応しております。

NASのトラブルでお困りの時には榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

台風時のデータ保護

今年は台風の被害が多い印象を受けます。被害を受けられた方に心からのお見舞いを申し上げます。

台風が来ると水害や停電など電子機器とは相性の悪いことが起こることが多いです。こういった時には業務上難しい場合を除いて、機器をコンセントから外し、窓や給排水口など水の影響を受けない場所に一時避難することが肝心です。

停電などによる不意のシャットダウンや各種ダメージをうけてデータへのアクセスができなくなってしまった場合には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

デスクトップパソコンのデータ復旧

デスクトップパソコンは様々なパーツがコンポーネント化されていて、一部の破損で特定の機能が使えなくなったりします。

特に怖いのが電源ユニットのトラブルで、電源ユニットがトラブルを起こすと周りのパーツを巻き込んで破損を起こしたりします。データを記憶しているハードディスクやssdも当然、影響を受けますので、起動時エラーなどが出ましたら早急な対処が必要です。

パソコン本体のデータ復旧も榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

外付けハードディスクのトラブル

今年の夏は特に暑かったこともあり、外付けハードディスクやSDカードがダメージを受けているケースが多いと考えられます。

夏のダメージは直後には影響が出ていなくても、見えない形での劣化が進んでいることもあり、気温が安定してくると、突然読み出せなくなったりといったことも考えられますので、夏の間に車に置いていたり、窓際に置いていて高温環境に晒されてしまっている場合には注意が必要です。

こういった熱ダメージでデータが読み出せない時には、榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

古いパソコンのデータ復旧

パソコンを卓上に置けてモニタに表示するという定義に当てはめると、日本では1980年前後がスタートの時期になると思います。

特定用途なども含めて古いパソコンが活躍している例は多く、そういった機器は交換ができないオンリーワン状態となっているものがほとんどです。

榊野情報技研では80年代のフロッピー時代のPCから現在のM.2 SSDやPCI-Express接続SSD、各種SASドライブまでの範囲でのデータ復旧を行っており、場合によっては古いPCをデータ復旧を含め、再生に挑戦することもやっております。

古いPCでのデータ復旧のご相談は榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

外付けハードディスクのトラブル

今年の夏は8月に入ってから暑かったこともあり、外付けハードディスクやSDカードがダメージを受けているケースが多いと考えられます。

夏のダメージは直後には影響が出ていなくても、見えない形での劣化が進んでいることもあり、気温が安定してくると、突然読み出せなくなったりといったことも考えられますので、夏の間に車に置いていたり、窓際に置いていて高温環境に晒されてしまっている場合には注意が必要です。

こういった熱ダメージでデータが読み出せない時には、榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください

| | Comments (0)

データ調査

榊野情報技研では、データ復旧技術を元にしたデータ調査も行っております。

あらゆる不正の発見や改ざんの調査、意図的に破棄されたデータの回収など、様々なことを行いますが、基本的にお客様の事情をコンサルティングさせて頂いて、その中から適した方法をご提案しています。

意図的なデータ消失や証拠隠滅などの調査のご相談も榊野情報技研まで、お問い合わせください。

| | Comments (0)

様々なメーカーのNASのデータ復旧

ネットワークにつながるデバイスであれば、ほぼすべての環境のデータが保存できる利便性があるNASは個人法人区別なく普及しております。

様々なメーカーがNASを出荷していますが、ネットワークからのアクセスができればいいということで、内部構造などはメーカーやモデルによってバラバラです。

そんな様々なメーカーのNASに対して日々の研究により、ほぼすべてのモデルのデータ復旧に榊野情報技研では対応しております。

NASのトラブルは榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

DVD-Rの復旧

個人のデータ保存先や小ロット生産の商業媒体としても利用されるDVD-Rですが、メディアとしての耐久力はあまり高くはありません。

しかも取り出しが可能ということで表面の傷などの物理的な部分も考慮しなくてはなりません。

榊野情報技研では、業務用研磨機を所有し物理的な対処から、内部データの解析までワンストップで行うことができます。

DVD-RやCD-Rのトラブルは榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

古い規格のデバイス

片付けなどをしていて、古いデバイスやメディアが出てくると、データ変換のために現代のパソコンやOSにつなげて試してみたくなると思うのですが、これが以外と危険な行為です。

互換性を持たせるために過去のハードウェアのサポートを行っているものもありますが、サポートが切れているものもあり、うっかりするとデータ消失の危険があります。

古いメディアやデバイスが出てきて、データが取り出したいということがありましたら、榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

記憶機器の不調

パソコンに接続されている外付けハードディスクやスマートフォンに追加しているSDカードなどが不調になると本体の挙動に影響が出ることがあります。

動作が遅くなったり、不意のシャットダウンなどが代表例で、これらの機器を取り外したり交換したりすると動作が改善したりします。

こういう場合には障害が起こっているメディアに保存しているデータは異常を起こしていることが多く、読み出せない場合もあります。

こういったデータが読み出せない場合には榊野情報技研まで、お気軽にご相談ください。

| | Comments (0)

MicroSDのデータ復旧

スマートフォンやデジタルカメラの記憶媒体として主流のSDカードですが、その中で最小サイズのものがMicroSDとなります。

スマートフォンなどの機材に入れっぱなしでの運用がメインだと思いますが、この時に[SDカードが見つかりません]などのエラーが表示された場合などは、その後にデータが見えてもトラブル直前のことが多く、一部のデータが損壊している可能性もあります。

こういったエラーメッセージが表示されて、データが見えなくなっていた、などのトラブルがありましたら、榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

« August 2019 | Main | October 2019 »