ハードディスクの耐用年数

普段は意識しませんが、パソコンやスマートフォンなどを構成している部品には耐用年数が存在し、特にデータを保存しているハードディスクや機器全体を司っている電源などが要注意点となります。

特にハードディスクはデータ保存の要ですので、トラブルが起こると大変です。危険性の部分から考えるとハードディスクの耐用年数は使用率なども影響しますが、2-3年ぐらいと見ておいた方がよく、法人利用であれば1年を目処に考えるべきでしょう。

耐用年数過ぎのハードディスク交換やトラブル時のデータ復旧は榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

NASのトラブルによるデータ復旧

現代のNASはかなりのことが実行できるデータ保存用サーバとして運用することが可能ですがその分、設定が難しかったり、ちょっとした設定ミスでデータにトラブルが発生することもあります。設定もwebブラウザ経由で行うことが多いために、パソコンが不調でwebブラウザの挙動がおかしかったりすると、トラブルの要因になったりもします。

そういった設定関係でのトラブルでNASのデータが消失した場合でもデータ復旧を行える可能性はありますので、榊野情報技研までお問い合わせください。

| | Comments (0)

小規模ファイルサーバのデータ復旧

同時に接続する台数が少ない事務所やご自宅では、普通のデスクトップパソコンやノートパソコンをファイルサーバ代わりに運用されているところも多いと思います。

こういったPCでのファイルサーバの利用はコストも低くOSも通常の物が使えるなどメリットも多いのですが、サーバではないために機材の冷却が弱かったり、部材の耐久性が低かったりします。しかし挙動としてはサーバの挙動をしていますので、データ復旧にはサーバのノウハウが必要となります。

こういったPCのデータトラブルは各種サーバのデータ復旧実績が多数ある榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

パソコンがいきなり起動しなくなった

パソコンにトラブルが発生すると、起動時に難しい英語のメッセージなどが表示されたりして驚いてしまいます。この場合には起動もしないし、データにアクセスすることもできません。驚いてしまいますが、まだ諦めることはありません。

内部に保管されているデータが存在している可能性は十分にありますので、このようなときには慌てずに榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

DVD-Rが読めない

デジカメやスマホの画像を待避させていたDVD-Rを久々に確認しようと、パソコン用のドライブに入れたところ、見ることが出来ない。慌てますよね。

DVD-RやCD-Rのメディアは一度書き込みを行うと安全に永続的にデータを保存できる訳ではありません。トラブルもついて回ります。

原因としては温度や湿度、光の影響など様々ですが、ここで諦めずに弊社にご相談頂ければデータを回収できる可能性があります。

DVD-RやCD-Rのトラブルは業務用研磨機を装備している榊野情報技研まで、ご相談ください。

| | Comments (0)

NASにアクセスできない

NASが不調になると当然のようにアクセスできなくなってしまいます。NASの場合はパソコンに直結している訳ではありませんので、この場合はネットワークの機器や構成が問題無いかということをチェックする必要があります。

普通にネットとかに接続できて、NASだけ見えない。という状況ですと、NAS本体の以上が考えられます。

この場合は電源を即座に切って頂いて、榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

外付けハードディスクが認識しない

パソコンやNASに接続してバックアップや容量不足対策として外付けハードディスクは便利な存在です。

ただハードディスクである以上、温度管理や振動管理を初めとしたコンディション管理は大事な物で、故障ということも避けられません。

認識しない、ドライブが突然見えなくなったなどのトラブルが外付けハードディスクに発生しましたら、電源を落として頂いて榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

USBメモリが認識しない

USBメモリは入手性がよく、互換性も高いために気軽に利用できる記憶メディアとして人気があります。

USBメモリには便利な点だけでなく、苦手なこともあり、故障と直結することもあります。

冬場の静電気や夏場の高温、破損につながるような物理的な衝撃などが代表的で、こういったことから内部のファイルが読めなくなるなどのトラブルにつながっていきます。

USBメモリのトラブルは榊野情報技研まで、お気軽にお問い合わせください。

| | Comments (0)

パソコンが起動しないときの対処

アップデートなどでもそうですが、パソコンの不調時にはちょっとした負荷が最終点となり故障してしまうこともあります。

こういった時の対処ですが、電源を入れたり切ったりを繰り返したり、しばらく置いてみるなどの行為をされる方もおみえになるのですが、基本的にはコンセントを抜いて頂きたいです。現代のパソコンは電源を切っていてもコンセントがつながっていると最低限の稼働をすることもあり、コンセントを抜くことを推奨しております。

その後は榊野情報技研のようなデータ復旧業者やメーカーにご相談ください。

| | Comments (0)

os更新中にパソコンが止まってしまったら

OSの更新時にハングアップしてしまったり、起動中のアニメーションが止まり、そのままになってしまったら、ほとんどの方が驚かれます。

OSの更新時は内蔵されているプログラムだけではなく最適化動作なども同時に行われるために希にこういったことがあります。止まってしまう分にはまだファイルがそのまま残る可能性もあるのですが、最適化動作時ですと障害が起こる可能性がゼロではありません。

OS更新時に停止してしまった場合にはデータの保全も考えてデータ復旧を行っている榊野情報技研までご相談ください。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧